マンモグラフィとは乳房のX線撮影装置のことです。
日本では、女性の乳癌罹患率は上昇し、先進国で唯一乳癌による死亡率も上昇を続けており、乳癌の早期発見・早期治療の重要性が叫ばれています。中でもマンモグラフィはX線を用いて、所期の微小な乳癌を発見することができる非常に有用な検査です。
特に今回採用した、デジタルマンモグラフィ、Senographe DSは、日本人女性に多い高濃度乳房における乳癌の検出能が非常に高く、質の高い検査を、従来の半分の時間で行うことができます。さらにデジタルマンモグラフィ用CAD(自動検出支援システム)を併用することで、乳癌の検出率検出を向上することができます。Senographe DSではバイオプシ検査も可能。精密検査にて確定診断を行うことができます。
当クリニックはマンモグラフィ健診施設画像認定施設を取得しており、撮影は女性技師が担当しますので、安心して受診ができます。
デジタルマンモグラフィ
Senographe DS(GE製)

●患者様をお待たせしません
  画像表示10秒、撮影間隔20秒。患者様を待たせることなく撮影可能。
●優しい圧迫機構
   圧迫による患者様への痛みを最小限にする工夫がなされています。
●低被ばく、高画質
  より患者様に負担の少ない線量で、高画質を実現します。
●多彩なアプリケーション
  CAD(自動検出支援システム)
●質の高い正確な検査を実現。
  バイオプシ検査で確定診断が行えます。

CAD マンモグラフィ画像 読影ワークステーション
クリニックのご案内
診療案内
施設・設備
医師紹介
交通・アクセス








































































Copyright (C) 2006 - KENKOIGAKU ASSOCIATION All Rights Reserved.