超音波(音)の透過と反射を利用して、各臓器・血管などの構造をリアルタイムに鮮明に見ることができる最新の画像診断装置です。
腹部領域、循環器領域、表在領域などの各部位の診断ができます。
放射線を用いていないので、被爆が無く検査による苦痛はありません。
超音波診断装置
LOGIQ S6(GE製)

LOGIQ 3(GE製)
● 非侵襲で被爆が無く、患者様の苦痛がない検査です。
● 臓器・血管の任意の断層像を撮影することができます。
● 画像をリアルタイムで表示します。
● 心臓・血管などの血流診断が可能です。  




腹部 心臓 頸動脈


■超音波3D画像
超音波画像(2D)を任意の断面で立体的(3D)表現することにより、
生体内部構造・位置関係が確認できます。


クリニックのご案内
診療案内
施設・設備
医師紹介
交通・アクセス



























































































Copyright (C) 2006 - KENKOIGAKU ASSOCIATION All Rights Reserved.