健康測定 体力測定

健康測定
現代人は、車などの交通機関の発達により歩く時間や活動量が減り、体力も低下
傾向にあるようです。
「体力」は、生活するために必要なもの。ちょっと走っただけで息切れしてしまったり、
駅の階段が以前よりつらかったり、そんな自覚症状があったら体力の低下を疑いま
しょう。
体力測定は、全身の持久力や筋力、柔軟性など様々な角度から6項目程度で体力
レベルを測定します。
そして、衰えている項目やバランスを整えるアドバイスをいたします。
そうすることで肩こり・腰痛や持久力の衰えなどの解消、ウェイト・コントロールのお
手伝いをいたします。
ちなみに、これは江戸時代の体力測定(?)といわれるものです。
その時代「一人前」をはかる指標だったようですね。いまの私たちはどれ位のレベル
でしょうか。
「一人前」の成人に期待されるレベル
 1.力石をかつがせる
 2.一定の面積の田を耕させる。
 3.神社にこもったり、正座のまま夜を明かす
 4.1日に10里を歩く
 5.米2斗を背負って1日7里を歩く
健康運動指導士テキストより引用




体力の分類   
体力測定の流れ
体力測定

財団法人 健康医学協会 
健康運動指導士  谷村 遵子