肥 満

  肥満については、ただ「体重が多い」とか
    「標準体重を超えている」といったことよりも、
       脂肪がどこについているかが問題です。
肥満には、皮下脂肪がふえる皮下脂肪型肥満と
腸や肝臓など内臓のまわりに脂肪がこびりつく
内臓脂肪型肥満とがありますが、
後者の場合は、前者に比べ血糖値が上って糖尿病を
起こし易く、血液中の脂質が高くなる高脂血症高血圧
伴い、ひいては動脈硬化の原因として注目されています。

相撲取りがあれだけ異常に肥満していながら、概して
病気にならないのは、平均して内臓脂肪の皮下脂肪
に対する比率が低いからともいわれているわけです。

おへその高さで輪切りにしたCT断面像を撮ることにより
皮下脂肪と内臓についた脂肪を測定することができますの
でこれによってあなたの肥満度の判定を行い、血液、
尿検査などと合せて病気かどうかの診断もできます。
ふとった方は是非CTによる内臓脂肪測定をお受けに
なるようおすすめいたします。