血 圧

血圧とは、動脈内を血液が流れる際に、動脈壁にかかる圧力
のことをいいます。
問題となるのは、主として高血圧の場合です。
高血圧に関しては、WHOの高血圧管理指針(1999)では、
収縮期血圧(上の血圧)が140mmHg未満を正常で、それ以上を
高血圧としています。
   
拡張期血圧(下の血圧)は、90mmHg未満が正常で、 90mmHg
以上を高血圧としています。
日本高血圧学会では、収縮期130mmHg以下、拡張期85mmHg
以下を望ましい血圧としています。
高血圧には、慢性腎炎、内分泌性高血圧など、原因のはっきり
したものもありますが、ほとんどが原因の見あたらない本態性
高血圧です。
       
高血圧と言われた時には、一般療法として、
1.適正体重の維持 
2.食 塩 制 限 
3.適 度 の 運 動
などに、心がけてください。
それでも下がらない時は、薬が必要となります。
高血圧を放置しておくと、脳卒中や心筋梗塞などの
危険性が増しますから、充分に管理して下さい。
  
  
低血圧に関しては、一般に収縮期血圧が100mmHg以下を
指すことが多いようです。
朝起きるのがつらい、立ちくらみがするなどの症状があれば、
治療(薬も含めて)が必要となる場合もありますが、
高血圧と異なり生命に対する危険は少ないので心配は要りま
せん。