血 清 脂 質


血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質は、人体にな
てはならないものですが、過剰の場合(高脂血症)は、動脈硬化
を引き起こし、やがて狭心症や心筋梗塞など、重大な疾患の原
因となることが知られています。
  
脂質は、血液中ではリポ蛋白と呼ばれる蛋白粒子と結合して存
在します。
このリポ蛋白は比重により分類され、軽い順にカイロミクロン
VLDL、LDL、HDLと呼ばれています。
  
高脂血症の診断を行う上で、重要な検査は、コレステロールで
が、コレステロールの多くはLDLあるいはHDLリポ蛋白に結合し
、それぞれを LDLコレステロール、HDLコレステロールと呼び
全てのコレステロールの総量を総コレステロールと呼びます。
   
   
LDLコレステロール過剰は、動脈硬化の原因となりますが、
逆にHDLコレステロールは、血中のLDLコレステロールを
肝臓に戻す働きがあり、善玉コレステロールとも呼ばれていま
   
HDLコレステロール値 40mg/dl以下では動脈硬化とな
る危険性が高くなると言われています。
  
また、総コレステロール値が220mg/dl以上であれば、食
事療法や薬による治療を行いますが、HDLコレステロールは
、食物や薬で増加させることはできませんので、
過剰な体脂肪を減らしたり、
適度な運動
あるいは禁煙が効果的です。
   
 
中性脂肪の多くは、カイロミクロンやVLDLリポ蛋白と結合
しています。
中性脂肪の過剰も脂肪肝を招くとともに、動脈硬化の原因にも
なりますので、検査値が高い場合は、先ず糖質の摂取量を控え
めにし、過飲過食を避け、適度な運動を行うなど、日常生活の
改善が必要となります。
  
最近では、若年層にも高脂肪血症がみられますが、これは、偏
った食事、頻繁な間食、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、太り
過ぎなどによるものと考えられます。
高脂血症には、体質的なもの(原発性、家族性)と、糖尿病、
食べ過ぎ、飲み過ぎ、肥満などによるもの(続発性)がありま
すが、これらを診断する上では、コレステロール、中性脂肪、
リポ蛋白などの検査が必要となります。
なお、日本動脈硬化学会ガイドラインを考慮した基準値は次の
通りです。


総コレステロール 140-199mg/dl
HDLコレステロール 男性 40-70mg/dl
女性 45-75mg/dl
LDLコレステロール   65-119mg/dl
中性脂肪   30-149mg/dl
リポ蛋白LDL   230-590mg/dl
リポ蛋白VLDL   20-160mg/dl